愛知の低い山を適当に散策。低山でも気分はyo-ho ―――!


猿ヶ鼻(さるがはな)

名称どおりに山に猿の集団が闊歩

旧富山村で佐久間湖に飛び出たところに猿ヶ鼻はあった。登山口となる「一本杉トンネル」手前で、猿の軍団のお出迎えがあり、名の如く猿達が闊歩するような山だった。

山行き日 2016年11月13日(土) 快晴
山名 猿ヶ鼻(さるがはな)
登り口/場所 県道1号/一本杉トンネル前登山口
標高 550m
標高差 138m
距離 1.2km
時間 48分(休憩含む)
あてにならないお疲れ度 ☆☆☆☆☆

【ルートタイム】12:53登山口〜13:21猿ヶ鼻13:22〜13:41登山口

 

大峠を登ったあと、佐久間ダムまで来ました。堰堤を渡り富山村へ入ります。 佐久間ダムから15〜6km入ったところに「一本杉トンネル」があります。そこが登山口になります。

登る前に腹ごしらえww

 

いざ出発。

 

尾根に大きなスギがありました。これが一本杉なのでしょうか?

 

奥三河ならどこでもあるような尾根道を登ります。

 

唯一の眺望。佐久間湖ですww

 

550m猿ヶ鼻(さるがはな)の山頂です。

 

空しか見えませんww

 

戻ります。

 

30分ぐらいで到着です。

 

今度は旧富山村の温泉「湯の島温泉」へ向かいます。一本杉トンネルを潜ります。

先ほどまで居た「猿ヶ鼻」です。

 

富山の集落が見えますが、なかなか着きません。

 

湯の島温泉に到着。土日・祝日営業の日帰り温泉です。 三度目の正直で入浴できますww @420円
ページトップへ戻る
inserted by FC2 system