愛知の低い山を適当に散策。低山でも気分はアルプス級 ―――!


夏焼城ケ山(なつやけじょうがやま)…889m

近くに日帰り温泉「どんぐりの湯」

段戸山の山歩きが早く終わってしまい、まだ時間があったので「どんぐりの湯」に近い夏焼城ケ山に登ってみた。地図もなければGPS対応の地図も入れてない。そんな状態で大井平公園の案内板を頼りに登った。

案内板では往復2時間程度とある。楽々、登って帰ってこれるだろう…と、高を括っていたが、現実はとんでもなかった。


山行き日 2011年12月10日
山名 夏焼城ケ山(なつやけじょうがやま)
場所 豊田市稲武町
標高 889m
高低差 356m
距離 5.76km
時間 2時間10分
あてにならないお疲れ度 ★★★★☆

■ルート:大井平公園〜シャクナゲ園〜林道〜浅間神社〜登山口〜山頂(往復)

紅葉で有名な大井平公園に車を停め、登山案内図を眺めてみた。約2時間なら大丈夫だろう…って、高を括って登山道に入った。

石段をのぼりシャクナゲ園と通り越し、天保のスギ林を抜け林道に入った。

 

緩やかな林道。歩きやすい。それに道標も万全だ。と、ここまでは良かった。

 

林道から登山道へ入る。山頂までの距離も分からない。ただ道標が頼りだ。さて、登山道は尾根づたいになっているが急坂が多い。簡単に登れると思っていただけに、結構これがキツイ。さらに残り距離が分からないから疲れがドッと増す。やっとの思いで山頂にたどり着いた。どうだろう、登山口から30分以上は費やしただろうか。
眺望は開けており、各山岳の方向が示された案内板もある。が、この日はあまり眺望は良くなかった。山頂には稲橋二等三角点がある。
山頂からの眺望。
稲武の町が箱庭のように見える。下山も同じルートを辿ることしている。大井平公園までは2.9kmある。急いで下山開始。
林道下に「浅間神社」があったので参拝。下山後、日帰り温泉「どんぐりの湯」へ直行した。
inserted by FC2 system