愛知の低い山を適当に散策。低山でも気分はyo-ho ―――!


中当城ヶ山(なかとうじょうがやま)

もう少し眺めが良かったら良いのにね!

城ヶ山は中当地区と夏焼地区あることから、地名が冠され区別している。中当城ヶ山は標高は1000m弱で樹木が無ければ山頂からの眺望は良いと思われる。


山行き日 2016年3月12日(土) はれ
山名 中当城ヶ山(なかとうじょうがやま)
登り口/場所 豊田市中当町(旧稲武町)
標高 918m
標高差 164m
距離 2q
時間 43分(歩行時間39分)
あてにならないお疲れ度 ★☆☆☆☆

【ルートタイム】15:02登山口−15:29山頂15:33−15:45登山口

 

R257から中当の集落に入ると案内板が。

 

案内に従いイノシシ除けの林道ゲートに到着。開けて入っても良いとのことです。

舗装が切れるところまで入ってきました。

 

ここが登山口のようですが、左は林道が続きます。しかし、落石等で車の通行は不可です。右は従来の登山道(急坂)です。

林道経由で登ることにしました。

 

林道は荒れています。

 

途中、段戸山が見えます。

 

道標もあります

 

こっちの山は、どこでしょうか。

 

分岐を右に入ります。

 

しばらくすると、林道から尾根に上がるようになっています。

 

上部が尾根ですね。

 

道標もあります。

 

尾根を進みます。

 

あと少し。

 

はい!山頂です。眺望は芳しくありません。午後3時半なので、すぐ下山します。

下山は従来の登山道です。

 

およそ10分で下りてきました。

 

夏なら藪漕ぎ状態でしょうね。

 

山頂からの距離は504mとのこと。

 

車に戻りました。 林道ゲート開けて閉めて帰ります。
ページトップへ戻る
inserted by FC2 system