愛知の低い山を適当に散策。低山でも気分はyo-ho ―――!


離山(はなれやま)

ルートを外し岩登り&藪漕ぎを強いられる!

豊根村で唯一残してしまった離山。山友に言わせれば「愛知130山」で難関な山の一つ。侮ってはいけないと言う。忠告の通り、本当に凄い山だった。皆さんのルートを参考にして入山したが、取り付きから早々とルートを外し、藪漕ぎと急峻な斜面をよじ登るはめに。さらに間伐された場所でもルートを見失い途中で引き返す。今度は一枚岩を登ることに。さらに尾根直下では激藪を掻き分け突進。ようやく本来のルートに入った。下山もすんなり下りられなかった。分岐を見落とし支尾根を下りたら廃墟に出くわす。寒気のする廃屋を通って登山口に。今回ほど厳しい山歩きは未だかつてない。

山行き日 2016年12月17日(土) はれ
山名 離山(はなれやま)
登り口/場所 新豊根ダム駐車場(県道通行止め)
標高 916.6m
標高差 579.6m(累積標高:1030m)
距離 4.8Km
時間 3時間10分(休憩等含む)
あてにならないお疲れ度 ★★★★★

【ルートタイム】9:08登山口〜11:14離山11:17〜12:18登山口

 

新豊根ダムまでやってきました。この横の県道429号は通行止め。ゲートで止められてる。今回は地元の方が通らせてくれた。これんは感謝です。 ダム堰堤前には「大岩」へ続く稜線が見えます。

もう一つゲートがある「庚申沢橋」まで入ってきました。

 

通常、ここが登山口になるようです。

 

ゲートを開けて登山口へ向かいます。

 

ゲートから1Km強の場所に登山口がありました。

 

路肩に駐車。

 

ここから入ります。

 

天気は、よさそうです。

 

さぁ!入ります。

 

初っ端からルートが分かりません。

 

踏み跡を辿って進みます。

 

沢の方へきてしまいました。ここを藪漕ぎと急峻な斜面をよじ登りました。

尾根が見えたんで、尾根に上がります。

 

よじ登って来た場所を上から眺めます。

 

立派な登山道です。

 

これだったら歩きやすいのですが…

 

間伐された場所へ入ってきました。

 

一応、登って来た道を確認。

 

踏み跡を頼りに進んだが、またルートを外したようだ。

一旦、戻って…

ルートを探していたらトラロープ発見。

 

このあとも藪漕ぎを強いられる。

 

樹間からの眺め。見てる余裕はありません。

 

岩場を回り込んで進んでみました。

 

笹を掻き分け、登ると…

 

「登山道」の札が目に飛び込んで来ました。ルートに戻ったようです。

急峻な尾根を登ります。

 

思った以上に手ごわいです。

 

今度は外していないようです。

 

笹を?き分け進むと…

 

山頂。

 

916.6m山頂です。疲れました。

 

もう下山します。滞在は3分。

 

少し下りた場所からの眺め。上りでは気づきませんでした。

 

尾根を一気に下りてしまったら。。。

 

廃墟に出てきてしまいました。

 

竹藪は通れないので廃屋の中を通らせてもらいましたが、なんとも言えない雰囲気でした。

眼下に車が見えたとき、やっと一安心です。

 

ここを潜り抜ければ…

 

すぐ出発しました。

 

へぼ(地蜂)の巣なのでしょうか?陽向に並べてありました。

 

大入トンネルを抜けゲートに。

 

開けたら… 閉めて、じゃあさらば!
ページトップへ戻る
inserted by FC2 system