愛知の低い山を適当に散策。低山でも気分はyo-ho ―――!


古戸山(ふっとさん)

冬の午後からの山行は気が焦る

この日、3座目。設楽町から東栄町まで1時間半もかかりました。冬の午後からの山行は時間との闘いとなる。ましてや初めての山で、何時間かかるか分からない。気は焦るが、そういう時に限って事故を起こす。なので慎重に登った。

案ずるより産むが易し…で、山頂まで37分だった。針葉樹の森の中なので薄暗い。ピークハントしたら即下山。

山行き日 2017年1月7日(土) 快晴
山名 古戸山(ふっとさん)
登り口/場所 東栄町桜平 林道脇
標高 759.9m
標高差 283m
距離 2.5Km
時間 1時間2分(休憩含む)
あてにならないお疲れ度 ★★★☆☆

【ルートタイム】13:37林道登山口〜14:14古戸山14:16〜14:39林道登山口

 

桜平のR151から林道へ入って行きます。

 

しばらく登ると、登山口がありました。

 

ここから登ります。

 

灌木を漕ぎ分け進みます。

 

山道がハッキリしてきました。

 

尾根伝いに進みます。

 

周辺からの眺望はありません。

 

ピークを越えます。

 

登り返しますが、これが難儀(汗

 

山頂らしき雰囲気が…

 

山頂のようです。

 

759.9m古戸山です。

 

銘板はありませんが、記念植樹の標柱に記載されていました。

 

地元の田口高校の創立記念のようですが、登山なのか植樹なのかはわかりません。

東側が明るいかったので眺望があるかと思いきや、御覧の通りです。

 

ピストンで戻ります。

 

一気に下ります。

 

灌木に突っ込みます。

 


唯一の眺望でしょうか?! 御殿山です。左の肩に見えるのは三ツ瀬明神。

 

   
登山口に到着。 帰ります。
ページトップへ戻る
inserted by FC2 system