愛知の低い山を適当に散策。低山でも気分はyo-ho ―――!


古町高山(ふるまちたかやま)

奥三河の里山…と言った感じの山

愛知県内に1000m級の山は20座あるが、その16番目の高さを誇るのが古町高山。地元では高山と呼ばれているようだが、県内では地元の地域名「古町」を冠にして呼ばれていると言う。


山行き日 2016年4月2日(土) くもり
山名 古町高山(ふるまちたかやま)
登り口/場所 設楽町津具(広域農道脇)
標高 1055m
標高差 259m
距離 3.0q
時間 1時間16分(休憩含む)
あてにならないお疲れ度 ★☆☆☆☆

【ルートタイム】8:41登山口〜9:24古町高山9:30〜9:57登山口

 

広域農道の脇に登山口がありました。

 

この舗装された林道へ入っていきます。

 

案内板、遠くからも目立ちます。

 

舗装が切れ砂利道に変わります。

 

詰めたところから山道になります。

 

目印のテープがあります。

 

テープを追って進みます。

 

送電線の横を通ります。

 

目立つようにテープが存在。

 

進みます。

 

針葉樹林を抜けると庭木の植栽地がありました。

 

そこを右折します。目印、案内板あります。

 

もうじき新芽が出始めますね。

 

またもや針葉樹林へ入ります。

 

案内テープ発見。左折だそうです。

 

励ましの看板。

 

回り込むとピークがあります。山頂かと思いきや…

 

違ったようです。

 

そして山頂に到着。広くはありません。眺望もありません。

 

銘板。

 

強いて眺めるなら、この程度です。

 

山頂を後にします。同じ道を帰ります。

 

分岐まで戻りました。

 

折角ですので送電線の下から眺めてみました。

 

林道まで下りました。

 

ここから出てきました。

 

登山口。 次の山へ向かいます。
ページトップへ戻る
inserted by FC2 system