愛知の低い山を適当に散策。低山でも気分はyo-ho ―――!


富幕山(とんまくやま)

霞んでいなければ浜名湖から遠州灘が一望

東三河の富幕山へ。浜松市引佐町に位置する山で奥浜名自然歩道が通っている。今回は愛知県と静岡県の県境の陣座峠から登って、自然歩道を通り、林道をあるく周回コースにした。ぐるっと回っても1時間半と言うお手頃ハイク。


山行き日 2016年3月5日(土) うす曇り
山名 富幕山(とんまくやま)
登り口/場所 陣座峠
標高 563.2m
標高差 273m(累積標高358m)
距離 4.8q
時間 1時間57分(歩行時間:1時間30分)
あてにならないお疲れ度 ★☆☆☆☆

【ルートタイム】10:03陣座峠−10:54富幕山11:18−11:36展望台11:39−12:00陣座峠

 

陣座峠まできました。

 

案内板があります。

 

少し入ると駐車ができるスペースあり。

 

ここが登山口のようです。

 

案内板もなかなかイイ感じ

 

里山らしい雰囲気。

 

ウグイスが左右で鳴き競っています。

 

年代物の道標。距離・時間の記載はありません。

 

登ります。

 

暖かい日なので、汗が出始めました。

 

ウグイスはどこでしょうか?

 

道標に従います。

 

NHKのど〜もクンのような岩 発見。

 

回り込んだら、ちょっと違うww

 

急坂になってきました。

 

鉄塔の横に到着。

 


送電線の鉄塔からの眺め。引佐方面ですね。山座同定はできません。

 

ヒノキ林の急登です。

 

道標に時間が記載されていました。ここまで、大体30分かかっています。

一つのピークを越えたら山道は緩やかになりました。

 

樹間から新城方面が見えます。

 


霞んでいますが、奥の山はたぶん本宮山かと…

 

緩斜面を登ると…

 

建物が見えます。

 

アンテナなんですね。

 

そこを回り込んだら、山頂でした。

 

一等三角点。

 

銘板。この位置は浜松市なのですね。

 

浜松周辺の町の花が記載されています。

 

東屋では、中高年の皆さんがランチを楽しんでおられます。

 


ここから浜名湖や遠州灘が見えるそうですが、今日は御覧の通り。

 

ちょっとコーヒータイムします。

 

 

では、お約束のカンパーイです。

 

コーヒーも飲み終えたので、下山開始とします。

 

今度は、メインルートを通って周回することにしました。

 

このルートは「奥浜名自然歩道」なので、登りとは違って整備されています。

ゆっくり下ります。この間、大勢のハイカーとすれ違いました。

 

展望台があるのですねぇ〜

 

登ってみましたが、何もみえません。

 

こっちの方向も。

 

下には「イノシシ」が待っていました。突進する気配はありません。

 

背中に乗ってみましたが、動きません。

 

てなわけで、お尻を触って下山です。

 

霞んでいなかれば、見晴らしは良いでしょうね。

 

自然歩道とは、ここでお別れです。

 

今度は林道歩きです。

 

林道歩きも飽きがきます。

 

空は青いです。

 

開けた場所がありました。

 

引佐町の集落のようですね。

 

はい!登山口まで戻りました。 休憩(コーヒータイム)含め2時間の山歩きだった。
ページトップへ戻る
inserted by FC2 system